リサイクルトナーとは

プリンター最近は、環境問題に取り組む企業も増えてきて、エコ活動があたりまえの時代になってきました。プリンターのトナーもリサイクル品を使用する企業も増えています。リサイクルトナーという名前は聞いたことがあるけれど、どういったものか知らない人も多いのではないでしょうか。

リサイクルトナーとは、使用済トナーを分解・洗浄・部品交換・トナー充填し、再利用可能にした環境に優しいトナーのことです。リサイクルトナーは、修理や加工を施しているためどうしても純正品と細かい形状が異なる場合もあります。しかし、近年のリサイクルトナーの普及に伴い、品質は年々向上していますので、純正品とほぼ同じ品質までとなってきました

そして、リサイクルトナーは、純正品と比べて販売価格が安いのが魅力です。リサイクル品の販売価格は純正品と比べ10分の1以下の商品もあります。また、メーカー廃番になったトナーでもリサイクルトナーで取り扱いしている場合もありますから、純正品のトナーが購入できなくなってもすぐに新しいプリンターに買い替える必要もありません。また、リサイクルトナーは、消耗部分だけを交換するため、約3~5回のリサイクルが可能で、繰り返し使用することが可能ですから、大幅なコストダウンも期待できます。

 

リサイクルトナー業者選び

トナーリサイクルトナーは純正品と比べて価格がとにかく安い点が最大の特徴です。しかし、リサイクルトナーのアフターサポートやトナーの品質は、業者や製造元の工場で差があります。数多くのリサイクルトナー業者はありますが、どういった業者を選べばよいのでしょうか。

リサイクルトナーは、純正品にくらべ、どうしても不具合がでる確率は高くなります。品質管理、購入後の保証やサポートがしっかりしているリサイクルトナー業者を選ぶことが重要です。必ずリサイクルトナー業者の補償体制を確認するようにしましょう。また、リサイクルトナーの不具合発生率は、過去に比べかなり改善されていますが、一部では品質に問題のあるトナーもあります。 品質については、各種品質管理基準の認定製品を選ぶことでリスクを減らすことができます。価格が安いということだけで選ばずに、ISO9001などの品質認定基準を満たし、保証がしっかりしているリサイクルトナー業者で購入すれば安心です

そして、リサイクル品の保証は通常の製品保証に加え、プリンタ本体保障、返金保証などもあります。特にレーザープリンターは、業務用で使用されることがほぼすべてであることから、トラブルが起きたときの対応内容や対応スピードがしっかりしている販売業者を選ぶ必要があります。

推奨サイト:リサイクルトナー
保証体制がしっかりしているリサイクルトナー販売サイトです。

経費削減にリサイクルトナー

会社の経費削減について考えた時に思い浮かぶのがペーパーレス化ですが、既に取り入れている企業も多いです。そして、紙の削減だけでなく、プリンターのトナーについてもリサイクル品を使用する企業も増えてきました。最近よく耳にするリサイクルトナーとはどういったものなのでしょうか?

地球リサイクルトナーとは、回収した使用済みのトナーを再度利用できるようにしたトナーです。通常、トナーは、使い切った後も粉が中に少し残っています。トナーを捨てる際は、トナーの中の粉を綺麗に掃除してから処理するなどしないと粉塵爆発が起こる危険があります。そのため、トナーの粉を処理できる業者でないと回収は出来ませんので、普通のゴミとしてトナーを捨てることはできません。しかし、使用済みトナーを再利用することで、そういった処分について悩む必要もなくなり、地球環境の保護や資源の有効活用にも貢献できます。

リサイクルトナーは、純正品と基本的に同じ構造ですが、純正品と比べ価格が安いのが魅力です。また、数回繰り返しリサイクルすることが可能ですから、コストダウンが期待できます。とはいっても、純正品にくらべ、リサイクルトナーは、どうしても不具合率は高くなってしまうのも事実です。安さだけでリサイクルトナーを選ぶのではなく、各種品質管理基準の認定製品を選ぶことが大切です。そして、品質管理、購入後の保証やサポートがしっかりした信頼できるリサイクルトナー業者を選ぶことも重要です。このサイトでは、リサイクルトナーについてやリサイクルトナー業者の選び方について解説しています。